【伊勢神宮】真夏のお伊勢参り 下宮から内宮へ徒歩で挑む
この記事でわかること!
    • 下宮から内宮までの移動手段は、徒歩よりもバスで行くのが正解!
    • ハイシーズンの伊勢神宮は早朝参拝がおすすめ!午前9時以降はめちゃくちゃ混む!

ちびうし
伊勢神宮に行ってきたよ~!

のらねこ
わぁ~いいなー♪
下宮と内宮両方行ったの?

栄養士 ちびうし
うん、歩いてみたよ・・・
夏はバスでの移動が正解だね!

7/14~7/16の3日間で、伊勢・志摩に車で行ってきました!

我が家は埼玉県春日部市にあるので、車での移動距離は片道約500㎞、6時間の旅!

私の運転技術はポンコツなのですべて夫の運転です…

ちびうし
ロングドライブは水分補給とストレッチが大切だよっ
あわせて読みたい!

いつか行きたいと思っていた伊勢神宮

私たち夫婦の結婚式は千葉県野田市の桜木神社で行いました。

桜木神社境内

そして、桜木神社の御祭神の1人(倉稲魂命:うかのみたまのみこと)が伊勢神宮外宮の御祭神(豊宇気比売神:とようけひめのかみ)と同一神と言われているそうなのです!

そのため、伊勢神宮には縁を感じていたので行ってみたかった!

伊勢神宮についてや、伊勢神宮の様子については他サイトにお任せして…

この記事では、伊勢神宮参拝のおすすめの時間帯や、実際に歩いた下宮から内宮への真夏の道のりを紹介していきます!

ちびうし
お伊勢参りは下宮からが基本!
下宮の近くのパーキングに車を置いて、歩いて参拝したよ

ハイシーズンの伊勢神宮参拝は早朝が勝ち組!

伊勢神宮の参拝時間は、下宮・内宮・別宮全て共通のようです。

伊勢神宮の参拝時間

10月・11月・12月
午前5時~午後5時

1月・2月・3月・4月・9月
午前5時~午後6時

5月・6月・7月・8月
午前5時~午後7時

出典:伊勢神宮HP

のらねこ
午前5時!
こんな早くからやってるんだ!

全国でも有名な神社の参拝時間は、早くても大体6時くらいが多いようです。

季節を問わず、毎日5時から参拝できるってすごい!

ちびうし夫婦が下宮に到着したのは7時です。

その頃にはもう、下宮周辺には観光客の車がうようよ…。
パーキングもギリギリ停められる状態でした。

この流れでは内宮の駐車場探しも困難であろうと判断し、歩きで内宮へ向かうこととなりました。

伊勢神宮での駐車場探しは、
こちらのサイトが参考になりますっ!

ちびうし
伊勢神宮管轄の下宮の駐車時間は2時間まで!
歩きやバスで向かう場合は、周辺の有料パーキングを使おうね!

【徒歩でのお伊勢参り】真夏は過酷だった

Google先生のおっしゃる通り、片道約1時間かかりました。

ちなみに、お伊勢参りのための装備はわりとしっかりしたつもりで…

 

  • ランニングシューズ
  • アウトドア用リュックサック
  • ミネラル麦茶600㎖ 3本
  • 日傘

 

で臨みました!

栄養士 ちびうし
体力もそこそこあるし、水分補給も片道なら余裕でしょ!

 

と思っていましたが…

真夏の炎天下の条件で往復2時間の徒歩+下宮・内宮の広大な敷地を歩くという行為は、なかなか危険だと感じました。

7/15(日)の伊勢市の最高気温は33℃を記録。

8時の段階で陽射しはすでに強く、通った道はコンクリート。

リュックサックの下の背中は汗でぐっしょり。インナーが透けてしまい、リュックを外したいけど外せない…

汗だくの状態で内宮へ到着です。

時間は9時過ぎでしたが、すでにおかげ横丁は観光客で溢れており、座ってお茶できるお店は満席…

そのため、おかげ横丁のすぐ横を流れる五十鈴川(いすずかわ)のほとりで休憩をしました。

橋の下の日陰で陽射しを逃れられ、風も通って涼しい!意外と穴場です!

五十鈴川の河川敷

約1時間ほどで内宮を参拝。

この時期の伊勢神宮は新緑がとても美しかったですよ!

伊勢神宮

体力をかなり消耗した状態へ下宮へと帰還することに。

ちびうし
ここまで歩いたなら最後まで歩きたい!
負けず嫌い精神が選択を誤らせたの・・・

 

11時頃になると、気温は更に上昇。そして、無風。
内宮から下宮への道のりは過酷さを増していました。

冷たかったはずの麦茶もぬるま湯レベルにまで温められていました。

楽しい旅が過酷な修行へと変化しそうになった時、現れたのがこの子です。

浪曲茶屋の猫

ちびうしが踊っていた・・・✨

こちらはおかげ横丁にある、そうめんと三重の地酒が楽しめる浪曲茶屋さんのマスコットキャラクターです!

残念ながら食事はしていないんですが、スマホをもった人々がちらほらいたので撮ってみました。

疲れた体と心を癒してくれる素敵な立ち寄りスポットでした!

おかげ横丁は観光客で溢れかえっていたので、人込みの嫌いなちびうし夫婦は大通りを通って帰ることに。

帰り道に出会った素敵なカフェとお店を紹介します。

お伊勢参りの旅路で出会った2つのお店

かき氷に惹かれて入った【茶房 太助庵】

猛暑に体力が奪われ、人込みに精神が削られ、もはや何も食べたくない。

ぬるい麦茶で体水分が満たされたとしても、心が求めるのはやっぱり清涼感…

そんな時に現れたのが茶房 太助庵さんのカキ氷のPOP!これはもう入るしかない!

昭和初期のレトロな趣きが素敵な店内。

昭和9年に倉庫として建設された建物を「当時のまま」を意識して改装されたそうです。

懐かしい雰囲気に心が和みました。

茶房太助庵店内

太助庵特製カキ氷で1番人気の黒蜜きなこ氷を食べました!

ふわっふわの氷にきな粉と黒蜜をかけてさっぱりと頂けます。

氷は口に入れた瞬間にとろけ、屋台で買うようなガリガリ感のあるカキ氷とは全くの別物です!
もちろん、キーンってなりません。

よもぎの風味を楽しめる御幸餅(みゆきもち)も2個ついており、夫婦で1つで丁度良かった!

宇治金時氷

のらねこ
でも、観光地だし・・・お高いんでしょう?

ちびうし
こんなにボリュームがあって600円!!!

 

この価格を高いと思うのか安いと思うのかは人によると思います。

私の場合は、ハイシーズンの観光スポット&猛暑という環境も相まって、非常にお得に感じたのです。

着替えの洋服をGET!【ナカミチ】

2泊3日で伊勢志摩に来たちびうし夫婦でしたが、旦那の着替えが足りないという事態に。

というか、旦那の着替えを下着しか用意していなかったw

ビジネスホテルで洗うことも検討しましたが、夜も散策したいと考えていたため、上下を新調することに。

ここでお世話になったのが、三重県を中心に展開するファッションパーク ナカミチ

ファッションパークナカミチ

ファストファッションを扱うお店です!

衣料だけでなく日用品も揃えているため、旅グッズの買い足しにも便利なお店。

なんと言っても観光客慣れしていて、汗だくの私たちに扇風機を向けてくれた上、ひんやりスプレーをかけてくれました!

店員さんの暖かい対応に感動したお店です。

地元民からのアドバイス「お伊勢参りはバスが正解」

下宮へ帰る道中、落とし物をきっかけに仲良くなったおっちゃん曰く

おっちゃん
下宮から歩くは正解だったねぇ
でも、もっと正解はバスだよぉ!

 

とのこと。

確かに、内宮周辺の駐車場は9時頃には満車でなかなか空かない様子でした。

歩きながら伊勢の町を散策できたのも良かったと思います。

ただ、やはり子連れやお年寄りには危険なコースだと思います。

バスを上手に活用するのが一番よい選択だったようです。

下宮周辺のバス停の時刻表を確認し、伊勢参りのプランを立てておくといいですね!

下宮周辺のバス停の時刻表

まとめ

伊勢参りは、徒歩よりもバスを利用するのが王道手段のようです。

そして、真夏のハイシーズンでも快適に参拝するためには、早い時間から行動することをおすすめします!

 

  • 時間にゆとりがある
  • 伊勢の街並みを楽しみたい
  • 歩くのが好き

 

こんな方々は徒歩での伊勢参りが向いているかもしれません。

ただし、徒歩の場合は、動きやすい服装・靴・移動中の水分を準備してから行きましょうね!

特に女子は、サンダルやパンプスで行かないことをおすすめします!