米肌CCクリーム レビュー・使い方
この記事でわかること!
    • 米肌の「澄肌ホワイトCCクリーム」は、6つの役割をもつ時短ベースメイクアイテム
    • 澄肌ホワイトCCクリームのカバー効果使い方のコツを写真で解説!
    • 「肌潤BBクリーム」との特徴・仕上がりの違い
30代は20代に比べ、仕事もプライベートも忙しくなる年代です。
朝のメイクに時間をかけたくないけれど、肌悩みのカバーはしっかりしたい!というのが本音ではないでしょうか?
美しさも時間も手に入れたい…!そんな悩めるアラサー女子におすすめのアイテムが、通販化粧品専門ブランド「米肌」の澄肌ホワイトCCクリームです!
朝のスキンケア後、この1本でベースメイクが完結してしまう、優秀な時短コスメなのです!
本記事では、米肌のCCクリームを用いたベースメイクの効果・仕上がりイメージを写真でお伝えしています。
シミ・そばかす・たるみ毛穴のカバー力をじっくりとご覧下さい♪
こんな人におすすめ!
    • シミ・そばかすはしっかり隠したいけど、厚塗り感が出るのは嫌!
    • 乾燥・紫外線から肌を守るベースメイクがほしい!
    • たるみ毛穴を隠したい!
    • 夕方のテカリ化粧ヨレ…なんとかしたい!
    • 朝は忙しい!時短美肌を叶えるベースメイクアイテムがほしい!

 

\米肌の美肌×保湿ラインを今すぐチェック/

 

ボリュームたっぷりの内容なので、「ピンポイントでココだけ知りたい!」という方は、以下のリストからジャンプしてくださいね。

ベースメイクはキレイの土台!アラサー女性が求めるのは「自然なカバー力」

ベースメイクは「メイクの仕上がりを左右する」と言っても過言ではないほど、重要なプロセスです。
ベースメイクが上手くいかないと、そのあとにのせるチークやアイメイクにも響き、全体的にいまいちな仕上がりになってしまいますよね。

ちびうし
キレイな肌は美人度を上げる!
ベースがキレイに仕上がると、ポイントメイクもますます映えるよね!
シミ・そばかす・くすみ・毛穴開きを、ベースメイクで自然にカバーすることができれば、肌印象は大きく変わり、若々しさを演出できます。
しかし、不自然にカバーすれば、厚塗り感が目立ち、老けて見えてしまう恐れがあります。
また、ベースメイクには「肌をキレイに見せる役割」だけでなく、乾燥や紫外線などのダメージから肌を守る「保湿・日焼け止め効果」も求めたいところです。
肌を守りつつキレイに見せるには、保湿ケア日焼け止め化粧下地ファンデーションコンシーラーフェイスパウダーの6つの段階で肌を作り上げることになりますが…

ちびうし
アラサーの朝は、マジで忙しい…
もっと簡単&キレイに仕上げられないの?
「朝の時間にもっと余裕を!」そんな願いを叶えてくれるアイテムが米肌のCCクリームです。
1本で6つの役割を持つベースメイクアイテムで、素肌美人・雰囲気美人な女性になっちゃいましょう!

美肌と時短を叶える!米肌【澄肌CCクリーム】とは

米肌 澄肌CCクリーム

出典:澄肌ホワイトCCクリーム00|【米肌】スキンケア化粧品・通販コス

米肌ってどんなブランド?

米肌は、KOSE(コーセー)の通販限定ブランドです。

KOSEは、コスメデコルテ・雪肌精・エスプリークなど、大人の女性に人気のブランド群を生み出した大手メーカーです。多くの女性を魅了する商品を作ってきた実績があるので安心ですよね。

 

米肌は30代~40代の女性に人気の通販ブランドで、美容雑誌・メディアでも度々特集されています。スキンケア商品では、高保湿ライン「肌潤」シリーズが人気です。


>>米肌「肌潤」トライアル【1,500円】はこちら

 

以下の表は、30代に人気の通販化粧品ブランドを、価格帯ごとにまとめたものです。

商品の価格帯
(化粧水の価格を参考)
ブランド名
2,000~3,000円 オルビスユー
3,000~4,000円 アスタリフト

アルケミー

HANAオーガニック

草花木果

4,000~5,000円 アヤナス

ヒフミド

オラクル

モイスティシモ

米肌

各ブランドの価格帯を比較してみると、米肌の商品は決して安くはないことがわかります。

それでも米肌が支持される理由として、以下の2つが挙げられます。

 

  • デパコス級の高い品質
  • 通販ならではの「続けやすさ」

 

米肌のスキンケア商品・お得なサービスについての詳細は、別の記事で詳しくお伝えしています!気になる方は是非チェックしてみてください。

米肌【澄肌CCクリーム】の特徴

澄肌ホワイトCCクリームは、1本で6つの役割を担ってくれる優秀なベースメイクアイテムです。

保湿・紫外線対策・カラーコントロール・毛穴カバーが1本で完結する多機能ファンデーションなので、メイクに時間をかけたくない方におすすめの時短アイテムです。

 

澄肌ホワイトCCクリームの6つの役割

  1. 保湿クリーム
  2. 日焼け止め
  3. 化粧下地
  4. ファンデーション
  5. コンシーラー
  6. フェイスパウダー

 

BBクリーム・CCクリームは「スキンケア効果とメイク効果を併せ持つオールインワン化粧品」として2008年頃から日本で流行し始めました(CCクリームは2012年頃から)。

BBクリームは「Blemish Balm(傷を修復する軟膏)」の頭文字から名づけられたものですが、BBクリームが進化して生まれたCCクリームには明確な由来はなく、各メーカー・ブランドによって意味は異なるようです。

 

米肌における、BBクリーム・CCクリームの違いを以下の表にまとめました。

(【米肌】スキンケア化粧品・通販コスメを参考に下表を作成、画像引用)

BBクリーム CCクリーム
役割 肌潤BBクリームの特徴 澄肌CCクリームの特徴
意味 Blemish Balm
傷を修復する軟膏
Complete Clearness
完璧に澄んだ
特徴 スキンケア効果が高い

保湿成分65%配合

プロテクト&カバー力が高い

テカリ・毛穴崩れを長時間防ぐ

保湿成分 ライスパワーNo.11/ビフィズス菌発酵エキス/大豆発酵エキス/乳酸Na/グリセリン/グリコシルトレハロース/オレイン酸フィトステリル/セラミド2 米発酵液/米ぬか酵素分解エキス/ハトムギ発酵液/乳酸Na/グリコシルトレハロース/スクワラン
UV効果 SPF30
PA+++
SPF50+
PA++++
仕上がり 活き活きとした
うるツヤ肌
透明感のある
サラサラ肌
税抜価格
(内容量)
3,500円
(30ml)
使用期間 約4~5カ月

ちびうし
「日中の乾燥が気になる・ツヤ感のある仕上がりにしたい!」という人はBBクリームがおすすめ!
「UVケアもしっかりしつつ、シミ・そばかす・毛穴開きなどの肌悩みをカバーしたい!」という人はCCクリームがおすすめ!
仕上がりについての違いは、【肌潤BBクリーム】との違いで、頬・小鼻周りの写真を載せています。私の素肌はそばかすが目立つので、カバー力の参考になるかと思います。

米肌【澄肌CCクリーム】の実績

米肌CCクリーム 受賞歴

出典:2018年ベストコスメ受賞アイテム|【米肌】スキンケア化粧品・通販コス

米肌のCCクリームは2018年3月の発売以来、さまざまな美容・コスメメディアで実績が認められています。

 

澄肌ホワイトCCクリームの実績

  • MAQUA 第4回美白・UVグランプリ 2018
    美白・UV BB&CC部門 第2位
  • MAQUA ベストコスメ2018 上半期
    BB&CC部門 第4位
  • LEE ベストコスメ2018 上半期
    ベースメイク部門 受賞
  • All About MICO ベストコスメ大賞2018
    通販コスメ編 化粧下地部門 第2位

 

米肌【澄肌CCクリーム】はどこで買える?販売店は?

米肌はKOSEの通販限定ブランドです。そのため、澄肌ホワイトCCクリームは、通販でしか買うことができません。

 

現在、米肌のCCクリームは2種類販売されてますが、今回ご紹介している「澄肌ホワイトCCクリーム」は、従来品「澄肌CCクリーム」のリニューアル品です。

 

公式オンラインショップでご購入の際は、間違えないように注意しましょう。キャップの色が目印になります。従来品である「澄肌CCクリーム」は、在庫限りで販売終了となる予定です。

米肌ホワイトCCクリーム

※上図は、【米肌】スキンケア化粧品・通販コスメより画像を引用して作成しています。

 ※米肌公式オンラインショップは、お買い物3,240円(税込)で送料が無料になります。

 

「潤い美白」を体験してみる?/

米肌公式オンラインショップで【澄肌CCクリーム】を注文

それでは、実際に「澄肌ホワイトCCクリーム 00」を注文した時の写真を載せていきます。

米肌CCクリーム 梱包

白とブルーのおしゃれな段ボールで届きました。米肌ホワイトCCクリームの購入の送料は無料です。

米肌 CCクリーム 内容

商品の他に、納品書や案内冊子が入っています。

米肌 アイクリームサンプル

キャンペーン期間中だったので「肌潤改善アイクリーム(6回分)」がついてきました!サンプル品がもらえるのは、公式サイトならではのサービスです♪

米肌CCクリーム 本品

商品の大きさは、長さ14㎝・幅3~4㎝ほどです。持ち歩きにも便利な大きさです。

ポンプ式のため1回量が出しやすく、空気に触れて固まってしまう心配もありません!

米肌【澄肌CCクリーム】の実力!

それでは、メイク前の肌とメイク後の肌を比べていきましょう!

(スマホのインカメラを使用、オートモード・自然光で撮影しています。)

米肌CCクリーム ビフォーアフター

自然光で撮影しているため光のあたり具合が異なりますが、頬の毛穴のボコボコ感が消え、テカリのない肌に仕上がっているのがお分かり頂けますでしょうか?

 

それでは、光の当たり具合ではごまかせないくらいアップにして見てみましょう!

米肌CCクリーム ビフォーアフター

左が素肌のアップです。シミ・そばかすが多く、頬の毛穴の凹凸が見えると思います。

 

澄肌ホワイトCCクリームを塗った右の写真では、シミ・そばかすが目立たなくなり、頬の凹凸も滑らかになりました。ツヤ感はありませんが、厚塗り感のない自然な肌に仕上がりになっています。

 

米肌CCクリーム 8時間後の肌

メイク後すぐに撮った写真と、メイク後8時間経過した時点の写真を比較してみましょう。

 

「塗りたて」は自然光で撮ったのですが、「8時間後」は外が暗くなってしまっていたので、部屋の照明の下で撮りました。

 

Tゾーンが若干テカっているように見えますが、そこまで気にならないかな???頬もよーく見れば毛穴崩れしているかな?といった具合です。

ちなみに、この日は1度も化粧直しをしていません。

 

「時間が経ってもテカらない」と謳っている商品ではありますが、やはり肌質・その日の肌コンディション・気候・活動量などで個人差はあると思います。

 

私の場合は、

 

  • Tゾーンがテカりやすい「混合肌」
  • 肌コンディションが比較的よい「生理終了後」
  • 活動量の少ない「デスクワーク」

 

以上の条件で、写真のような具合でした!

米肌【澄肌CCクリーム】の口コミ

2018年3月にリニューアルされた米肌のCCクリーム。

米肌【澄肌CCクリーム】の実績で紹介した通り、美容メディアの評価は高いようですが、実際に使用した人の口コミでは、どのような声があがっているのでしょうか?

まずは、よい口コミから見ていきましょう。

よい口コミ「ヘタなファンデーションよりカバー力がある」

ヘタなファンデーションよりカバー力があるのに厚塗り感がないです。
肌を均一にしてくれて凹凸が目立たなくなります。
それまでは評価の高いカ〇ーマークのリキッドファンデやコフ〇ドールグランのBBクリームを使ってましたが1番肌が綺麗にみえます。

ただ値段設定が少し安いと助かります(笑)

出典:@cosme

自然なカバー力を評価している口コミです。今まで口コミ評価の高いベースメイクを使ってきた中で、米肌のCCクリームが1番合っていたという内容ですね。

 

価格については「高い」と評価されているようですが、本当にそうでしょか?

 

BBクリーム・CCクリームの価格帯はメーカーによってさまざまですが、相場は30gで2,000円~4,000円です。

 

米肌のCCクリームは30mlで3,500円ですので、特別安い価格ではありません。しかし、コンシーラーフェイスパウダーの機能を持つ点を考慮すれば、コスパのよいアイテムと評価できるのではないでしょうか。

よい口コミ「伸びもよく、乾燥もしない」

CCクリームのわりに、かなりカバー力高いです!
伸びもよく、乾燥もしないのでわたしの肌のは合ってるかな♪

プッシュタイプで楽チン♪
ただ手でつけると、若干厚ぼったくなるので
スポンジで伸ばすといいと思います。

出典:@cosme

カバー力だけでなく、保湿効果・伸びのよいテクスチャーも評価されています。プッシュタイプなので、使用量を調節しやすい点も好評のようです。

 

口コミ通り、厚塗り感なく隠したい部分を「自然に」カバーしてくれるのが澄肌ホワイトCCクリームの最大の魅力です。「3色のコントロールパウダー」を配合することで、カバー力自然な仕上がりの両立を実現しているのです。

米肌CCクリーム 3色のコントロールパウダー

出典:澄肌ホワイトCCクリーム|【米肌】スキンケア化粧品・通販コスメ

 

次は、残念な口コミを見ていきましょう。

残念な口コミ「厚塗り感が少し気になる」

結構肌にベタっとするCCクリームですね。

紫外線カットできるから日焼け止めとしてよいかなと思って買いました。
カバー力はありますが、厚塗り感が少し気になります。
軽いクリームなので、塗りやすくて伸びもいいのですが、
仕上がりが少し思っていた感じと違いました。

出典:@cosme

「厚塗り感なくカバーできる」という商品のはずなのに、「厚塗り感が気になる…」という声もチラホラ見かけました。

このような方は、1回のメイクで使う使用量が多い可能性があります。

米肌のCCクリームでベースメイクをキレイに仕上げるには、いくつかコツがあります。こちらについては、米肌【澄肌CCクリーム】の使い方で紹介していきますね。

残念な口コミ「01番は思ったより暗く、00番で良かった」

約1ヶ月使用しました。 まず、01番は思ったより暗く、そんなに色白ではないイエベ肌ですが、00番で良かったかなといった印象です。 伸びもよく、肌も調子が良かったのですが、若干の崩れやすさはありました。 真夏は使わないかな。。

出典:クチコミ一覧|【米肌】スキンケア化粧品・通販コスメ

思っていたカラーと違っていた…という残念な口コミです。また、化粧崩れも気になったようですね。

 

米肌 澄肌CCクリーム カラー

出典:澄肌ホワイトCCクリーム00|【米肌】スキンケア化粧品・通販コス

CCクリームのカラーは、「00 やや明るい自然な肌色」「01 普通の明るさの自然な色」の2色展開です。少し表現が抽象的で迷ってしまいますよね。

 

私が使ってみた印象では…

 

  • 00は、明るめのベージュオークル系
  • 01は、ナチュラルなオークル系

 

というイメージです。ただ、伸ばしてしまえばどちらの色も自然に肌になじんでくれます。01の方が少しトーンが暗いかな?といった印象です。

 

肌を明るくみせたいなら00、健康的にみせたいなら01といった具合に、自分のなりたい肌イメージから選んでみてもいいかもしれません。

>>公式サイトで澄肌シリーズの詳細をみる

米肌【澄肌CCクリーム】の使い方

ここからは、米肌CCクリームを上手に塗るためのコツをお伝えしていきます。

米肌CCクリーム 1回使用量

1回使用量は、1プッシュが目安になります。

この時、軽く押すか、深く押し切るかで量が変わります。最初は多く出し過ぎてしまうかもしれませんが、使っていくうちに自分に丁度良い量を調整していきましょう。

初めて使う方には、軽めに1プッシュをおすすめします。

米肌CCクリームの使い方

手の甲に、中指と薬指の先で平らに伸ばしていきます。(薬指を負傷中のため、写真は人差し指と中指です…)

このひと手間が、肌にムラなく伸ばすコツとなります。

 

中指と薬指の腹でスタンプを押すように、両頬・ひたい・あご・鼻の5か所に平らに置いていきます。

顔の内側から外側へ、CCクリームを伸ばしながらたたき込みます。

米肌CCクリーム 使い方

出典:【米肌】スキンケア化粧品・通販コスメ

 

仕上げにスポンジで抑えるように馴染ませると、よりキレイな仕上がりになります。

私が使っているのは、ウェッジ型タイプのスポンジです。目元や小鼻周りの細かい部分にはスポンジの角を利用し、頬や額にムラなく馴染ませるときはスポンジの平らな面を使うようにしています。

 

米肌CCクリーム 使い方

余ったCCクリームです。伸びがよくカバー力もしっかりあるため、1プッシュすべてを使わなくてもキレイに仕上がります。

最初は、1プッシュの7割程度の量を使ってみて、しっかりカバーしたい部分には少しずつ重ねて塗っていくようにすると、厚塗り感のない自然な肌に仕上がりますよ!

CCクリームの上手な使い方まとめ
    1. 手の甲に、軽めに1プッシュ
    2. 中指と薬指で平らに伸ばす
    3. 中指と薬指の腹で、両頬・ひたい・あご・鼻の5か所へ平らに置く(1プッシュの7割くらいの量)
    4. 顔の内側から外側へ、伸ばしながらたたき込む
    5. 仕上げに、スポンジで抑えるように馴染ませる
    6. カバーしたい部分は、少しずつ重ね塗りする

【肌潤BBクリーム】との違い

最後に、BBクリームとの使用感・仕上がりの違いを紹介していきます。

BBクリームは、過去に米肌のマイルで交換した大量のサンプルがありますので、こちらを使って比較していきます。(参照:米肌定期便【私の体験談】)

米肌BBクリーム00 CCクリーム00

手の甲にのせてみます。カラーはどちらも「00 やや明るい自然な肌色」です。

米肌 BBクリーム CCクリーム テクスチャー違い

手の甲を傾けてみると、BBクリームはこんなに垂れてきます。

BBクリームはリキッドファンデに近いテクスチャーで、CCクリームはクリームファンデに近いテクスチャーです。どちらも伸びがよい!

 

米肌 BBクリームとCCクリームの違い

仕上がりを比較してみましょう。こちらも自然光で撮影しています。

 

それでは、アップしてみましょう。

米肌 CCクリームBBクリームの違い

カバー力の違い、お分かりいただけますか?CCクリームはマットな質感、BBクリームはツヤ感のある肌に仕上がっていますね。

 

米肌CCクリームBBクリームとの違い

赤い丸枠の「毛穴」、青の四角枠の「そばかす」を比べてみてください。

CCクリームを塗った肌の方が、毛穴・そばかすが目立たなくなっています!

 

肌の明るさは…天気の影響で写真では分かりにくいですが、BBクリームよりもCCクリームを塗った肌の方が、パッと明るい印象になります。

 

ちびうし
私は、シミ・そばかすを自然にカバーしてくれるCCクリームが好き!
肌の悩み・なりたい肌イメージに合わせてチョイスしてみてね!

まとめ

米肌のベースメイクアイテム「澄肌ホワイトCCクリーム」は、時短と美肌を叶える優秀なベースメイクアイテムです。

 

  • シミ・そばかすを自然にカバーし透明肌へ!
  • 朝のベースメイクが1本でラクチン!
  • ポンプ式だから1回分の量に迷わない!空気に触れず最後まで衛生的!

 

4~5カ月間のベースメイクがCCクリーム1本で完結してしまうのですから、コスパは最強ですよね!

 

米肌のベースメイクアイテムには、スキンケア効果の高いBBクリームもあります。目的やなりたい肌イメージから、お好きなアイテムをチョイスしてみてくださいね。


>>シミ・そばかすを防ぐ!発光美肌へ
【KOSE米肌】澄肌美白お試しセット