cosme decorte skincare lineコスメデコルテスキンケアライン
この記事でわかること!
    • コスメデコルテは「ハイプレステージ」に位置するコーセーの中で最高級のブランド!
    • コスメデコルテのスキンケアラインの特徴と価格帯がわかる!

美容雑誌やメディアで度々目にする化粧品ブランド「コスメデコルテ」。スキンケアからメイクまで総合的に扱うデパコスブランドです。

 

百貨店やデパート・化粧品専門店でしか取り扱いがないなんて…
なんだか手を出しにくいな…

 

こんな風に感じている方もいるかもしれませんね。

 

しかし、コスメデコルテの中にもお手頃な商品は存在し、全く手が出せない…という商品ばかりではありません。また、通販などでお得に購入する方法もあるのです。

 

今回は、コスメデコルテのスキンケアラインの特徴や効果の違いを紹介していきたいと思います。

コスメデコルテとは?

コスメデコルテ人気アイテム

コスメデコルテ(cosme decorte)は、化粧品メーカーKOSE(コーセー)の高級品専門ブランドです。スキンケアだけでなく、メイク・ボディケア・フレグランスなど化粧品全般を取り扱う総合化粧品ブランドです。

 

コスメデコルテの誕生は1970年で、コーセーの中では老舗ブランドの1つ。ロングセラー商品も多数存在し、今も昔も多くの女性に愛される商品を生み出し続けています。

 

コーセー公式HPによると主要ブランドは、ハイプレステージ・プレステージ・コスメタリーの大きく3つにカテゴライズされており、コスメデコルテはハイプレステージに位置づけられる最高級ブランドとなっています。

 

ハイプレステージ
コスメデコルテ
ジルスチュアート
雪肌精 MYV
インフィニティ
プレディア   など

ハイプレステージは、コーセーの最先端技術を集結して作り上げられたブランド群です。主に高級ブランド専門店・百貨店を中心に展開されています。

 

プレステージ
雪肌精
ONE BY KOSE
アスタブラン
肌極
エスプリーク
米肌   など

プレステージは、化粧品専門店・量販店・ドラッグストア・通信販売などで販売されているブランド群です。雪肌精やエスプリークなどは、CMでもよく目にする商品ですよね。

通販限定ブランド「米肌」も多くの美容雑誌・メディアに注目されています。中でも高保湿スキンケアライン「肌潤」シリーズは、乾燥・毛穴開き・ハリ不足に悩む大人の女性に支持される人気のラインです。

あわせて読みたい!

 

コスメタリー
ヴィセ
ファシオ
エルシア
ネイチャーアンドコー など

コスメタリーは、量販店・ドラッグストア・コンビニで販売されている、お手頃価格のブランド群です。「コスメタリー」は「コスメティック」と「トイレタリー※」の造語です。

※トイレタリー:身だしなみのために身体を手入れするもの。シャンプー・ボディソープなど。

【cosme decorte】名前の由来

コスメデコルテは「コスメティック(化粧)」「デコラシオン(勲章)」の造語から成るブランド名です。

「コスメデコルテ」という名称は、‘Cosmetique’(化粧)と‘Decoration’(勲章)の融合からの造語で、すべての女性への「美の勲章」を創造するという信念が込められています。

「コーセーレポート2017」より引用

ブランド名には、「内面の充実」と「外面の自信」、どちらも最高の状態へと導くという願いが込められているそうです。

コスメデコルテの人気の商品

コスメデコルテはテレビCMではあまり見かけませんが、美容雑誌・メディアでは頻繁に特集されています。

その中でも、人気の高いロングセラー商品を2つご紹介します。

モイスチュアリポソーム

モイスチュアリポソームは優れた保湿力・浸透力が魅力的な美容液です。1992年の発売から多くの女性に愛されてきたアイテムで、リピーターも多く存在します。

ちびうし
モイスチュアリポソームはコスメデコルテの代名詞と言える商品!
後ほど詳しく紹介していくよ!

AQ MW アイグロウジェム

アイグロウジェムは、しっとりとした大人の「濡れ艶」を演出するアイカラーです。密着力が高く、まぶたに吸いつくようにフィットしてくれます。

単色カラーですが、重ねるほどに陰影が強調されるため、自然な立体感を表現できます。時間が経ってもくすんだりよれたりしないため、美しい目元が一日中続きます。

コスメデコルテのスキンケアアイテム

コスメデコルテのスキンケアアイテムは、「ベーシックケア」と「パーソナルケア」の2つに大きく分類できます。

 以下の情報は、2018年9月に店舗で頂いた「システムパンフレット」を基にまとめています。

ベーシックケアとパーソナルケア

ベーシックケアアイテム
クレンジング(化粧落とし)
ウォッシング(洗顔料)
エマルジョン(先行乳液)
ローション(化粧水)
クリーム・セラム(美容液) など

ベーシックケアのアイテムは、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液などの基本的なスキンケア用品です。

 

コスメデコルテのスキンケアラインは、化粧水の前に乳液をつける「先行乳液」タイプ。

 

コットンに乳液をとり、肌の上を優しくマッサージするように馴染ませることで、古い角質や汚れを拭き取りつつ、肌を柔らかく・ふっくらとさせてくれます。この後に使用する化粧水が、より浸透しやすい状態へとなるよう肌を整えてくれるのです。

化粧水後は、クリーム又はセラム(美容液)で保湿・保護、という流れになります。

パーソナルケアアイテム
マッサージクリーム
角質ケア
マスク
オイル
アイケア
ネックケア など

個人個人の肌の悩みに合わせ、ベーシックケアアイテムにプラスするアイテム達ですね。

 

私が在宅ワークを始めた頃、慣れないパソコン作業のせいか、目元の小じわが気になり始めました。それで一度、アイクリームを使ったことがあります。

15gで7,000円(税抜)という価格に戸惑いましたが、1回量が米粒程度なので、朝と夜使用して4~5ヶ月くらい使えました。

目元もふっくらし、使用感もとても気に入ってましたが、やはりお財布へのダメージが気になる…。

ということで、今は作業の合間に目の体操を取り入れて、いつもの化粧水でローションパックをしながらなんとか維持しています…。収入上がったらまた使いたいな…泣

 

ちなみにローションパックに使用しているコットンは、シルコットの「うるうるコットンスポンジ仕立て」。化粧水の節約にもなり重宝しています。

 

あわせて読みたい!

4つのスキンケアライン【特徴と価格】

コスメデコルテにはいくつかのスキンケアラインがあります。その中でも代表的な4つのラインについて簡単に紹介していきます。

AQ MELIORITY(エーキュー ミリオリティ)

AQ MELIORITY(エーキュー ミリオリティ)
コスメデコルテ最高峰スキンケア
最新テクノロジーの結集
顔立ちの印象が変わるほどの肌質感へ

AQミリオリティ リペアエマルジョン200ml

贅沢の極みのAQミリオリティ。ボトルデザインからもラグジュアリー感が溢れていますよね。

AQミリオリティは、肌本来が持つコラーゲン産生能力に着目して開発されました。中でも人気の高い商品は「リペア クレンジングクリーム」です。

クリームタイプのクレンジングなので肌に優しく、洗い上がりはしっとりもっちり。ざらつきや毛穴汚れもしっかり落ち、心地よい使用感と香りで疲れた心もほぐしてくれます。

AQミリオリティは「最高峰スキンケア」と謳うだけあって、実力も価格も高め。全ライン揃えるにはなかなか難しいラインです。

口コミでは、クレンジングだけ・乳液だけなど、ポイント使いしている人も多く見られました。

AQ(エーキュー)

AQ(エーキュー)
Absolute Quality=絶対的な品質
香り・感触・肌効果への徹底的なこだわりでトラブルをケア
トータルエイジングケア
ハリ・輝きに満ちた肌へ

AQ ホワイトニング ローション

「肌・感度」に着目したAQ。

「肌・感度」とは、肌の反応能力のことで、肌本来がもつ「肌がみずから美しくなろうとする力」「外部から刺激をうけたときに防御する力」などです。

 

AQは、肌がリラックスした状態では「肌・感度」が高まり、肌みずからが美しくなる力を発揮するという研究の基に開発されたラインです。

やすらぎを美しさの力に変えてくれる・心の機微に触れる、外面だけでなく内面も整えてくれる贅沢なスキンケアラインです。

 

美容雑誌などで取り上げられることも多いせいか、20~40代の口コミが多くみられます。

「肌がふっくらと柔らかくなる」「凝り固まった肌がほぐれる感覚」など、肌質感改善への評価が高いようですね。高級感漂うボトルデザインも人気のようです。

効果や成分だけでなく、スキンケアに癒しや贅沢感を求める方に合っているかもしれませんね。

 

レビュー記事はコチラ!

Cellgenie(セルジェニー)

Cellgenie(セルジェニー)
エイジングケア
エイジング美白ケア
重力にも揺るがない張密肌(ちょうみつはだ)へ

セルジェニー エマルジョン ER 200ml

ハリと弾力に重きをおいたセルジェニー。「cell=細胞」「genie=天才」を組み合わせた造語です。独自成分の「アンドログラフィス」を配合することで、角層深くにうるおいを与え、肌のキメを整えてくれます。

手に吸いつくようなもっちりとしたハリ感やみずみずしいハーバルフローラルの香りは、大人の女性に高評価。

ユーザーの年齢層は30~60代と幅広いですが、特に30代後半~40代の乾燥肌・混合肌の女性からの口コミ評価が高い印象ですね。

Phytotune(フィトチューン)

Phytotune(フィトチューン)
保湿ケア
美白ケア
植物のめぐみで肌チューニング
バランスのとれた美肌へ

フィトチューン ソフニングクレンズ 125g

フィトチューンは「phyto=植物」「tuning=調律」からの造語です。植物に含まれるフルボ酸・ミネラル・アミノ酸などの成分をバランスよく含み、肌コンディションを整えてくれます。

乾燥・くすみ・毛穴の目立ちなど、肌表面の悩みをケアするフィトチューンは、20~30代の早期のエイジングケアにぴったりのラインで、他のラインに比べて価格帯もお手頃です。

コスメデコルテを使い始めるエントリーラインとなるよう、メーカー側も商品開発に力を入れているようです。

 

乳液・化粧水・美容液は保湿・美白の目的によって選べるようになっています。スーッと馴染む使用感や香りが評価される一方、アルコールや香料がNGの敏感肌の方には合わないようですね。

価格帯の比較

ライン 価格帯 化粧水200㎖
の価格(税抜)
AQ
MELIORITY
10,000円~
120,000円
20,000円
AQ 5,000円~
20,000円
10,000円
Cellgenie 4,000円~
8,000円
7,000円
Phytotune 3,000円~
6,000円
5,000円

参考:DECORTE SYSTEM PAMPHLET SKIN CARE&BASE MAKEUP

 

ラインによって価格に大きな差があることがわかりますね!

デパコスを安く買うための情報も別記事にまとめてありますので、参考にしてみてくださいね。

 

あわせて読みたい!

保湿力を底上げする「リポソーム」

コスメデコルテのスキンケアラインの1つである「LIPOSOME(リポソーム)」。このラインの商品は、化粧水・美容液・クリーム・アイクリームの4点のみです。(2018年9月現在)

そのため、他のラインをベースにして、アイテムを追加・差し替えて使う感じです。

 

リポソームの最大の魅力は、多重層リポソーム技術を応用した高い保湿力です。

多重層リポソーム技術とは?

多重層マイクロカプセルに美容成分を含ませ、肌の奥深くまで長時間にわたって美容成分を送り続ける技術

 

肌に浸透しにくい水溶性の有効成分も角層の奥まで届けることができ、配合が難しいセラミドなどの油溶性の成分もたっぷり含ませることができる

 

カプセルのサイズは0.1~0.2ミクロンと超微細なため、角層への浸透がよい

 

ヒトの肌の作りに近いため、親和性・安全性が高い

ちびうし
言葉で説明すると難しいけど、とにかく浸透力と保湿力がすごい!
特に「モイスチュアリポソーム」は、数々の美容雑誌・メディアで殿堂入りを果たしているよ!

モイスチュアリポソームは洗顔後に使う保湿美容液です。

高い保湿力もさることながら、ブースター(導入美容液)としての効果も優秀で、次に使うスキンケア用品の浸透を高めてくれるのです(コーセーでは「フレンド効果」と表現してますね)。

ちびうし
ライン使いしていないけど、モイスチュアリポソームだけは使ってる!なんて人も多いみたい
あわせて読みたい!

スキンケアの順番

コスメデコルテをラインで使う場合

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. モイスチュアリポソーム
  4. 乳液
  5. 化粧水
  6. クリーム・美容液

※クレンジングとクリームは夜のみ

 

モイスチュアリポソームは、洗顔後(先行乳液の前)に使います。丁寧に馴染ませ浸透を感じてから乳液に進んでくださいね。

別のスキンケア用品でモイスチュアリポソームのみを使う場合も、洗顔後がおすすめです。洗顔→モイスチュアリポソーム→化粧水→乳液という順番になりますね。

まとめ|コスメデコルテにはさまざまなラインがある!

コーセーの最高級ブランド「コスメデコルテ」には、さまざまなスキンケアラインがあります。

自分の年齢・肌質・悩みに合ったラインを選びましょう。

 

ライン特徴・価格帯をもう一度みる

 

一番人気の「モイスチュアリポソーム」は、いつものスキンケアにプラスするだけで、保湿力を高めるだけでなく、その後のスキンケア商品の力も引き出してくれます。

スキンケアは使い続けることで効果を発揮します。長く使用するためにコストバランスも考えながら、選んでみてくださいね。

 

【参考元】
株式会社コーセー企業情報サイト
@cosme
ベルコスメ