デコルテAQサンプル
この記事でわかること!
    • コスメデコルテAQは、「肌・感度」に着目した究極のリラクゼーションエイジングライン!
    • AQミリオリティ・AQMWとの違い
    • AQのフルライン(クレンジング・洗顔・乳液・化粧水・クリーム)の使用感
KOSEのハイプレステージブランド「コスメデコルテ」のラインの1つである「AQ(エーキュー)」。アイテムの価格帯は5,000円~20,000円です。

ちびうし
ちょっと私には手が届かないな・・・
と諦めていたのですが…
なんと、奇跡的にAQのフルラインのサンプルを手に入れることができました!!!
今回は、コスメデコルテAQについて解説し、AQラインの使用感を写真つきでお伝えしていきます!(解説は、あくまでもファン目線です!)

cosme decorte AQ(コスメデコルテ エーキュー)とは?

化粧品メーカーKOSEのハイプレステージブランドの1つである「コスメデコルテ(DECORTE)」のトータルエイジングケアラインです。1990年に誕生したラインで、2017年9月にスキンケア用品10品目14品種がリニューアルされています。価格は5,000円~20,000円です。
※年齢に応じたお手入れのこと

 

「永久」にかけたネーミング「AQ」には、「Absolute Quality(絶対的な品質)」という真の意味があり、品質・理論・処方のすべてが最高級グレードであることをラインコンセプトとしています。「肌・感度」に着目し、肌と心の究極のリラクゼーションを叶えるために開発されたスキンケアラインです。

肌・感度とは?

肌の反応能力のこと

肌が本来もつ力で、肌がみずから美しくなろうとする力や、外部から刺激をうけたときに防御する力

肌がリラックスした状態では、肌の反応能力が高まり「肌・感度」の高い肌となる

参考:DECORTE NEWS RELEASE 2017.7.27(PDF)

 

「心の機微に触れる化粧品」を目指したAQは、スキンケア用品としての肌効果だけでなく、香り・感触にこだわり抜いた贅沢なスキンケアラインです。

肌を慈しむ「幸福感」が美の潜在能力を目覚めさせる・肌そのものの生命力を高めてくれる、そんな力強さとやすらぎを感じられるアイテムが揃っています。

 

ちびうし
成分や技術による「外側」からの美肌効果だけでなく、香りや使い心地にもこだわることで心をリラックス状態へと導き「肌・感度」を高める!
「内側」からも美肌へとアプローチしてくれるんだ!

 

AQのスキンケアラインは、月下美人をアクセントにしたフローラルウッディの香り・保湿効果に優れたホワイトムクナエキス・1年のうちわずか4週間しか採取できない希少な白樺水が配合されているのが特徴的です。

優雅な香りと、肌に触れると体温でとろけるような心地よい感触が、疲れた肌と心を癒し、やすらぎと活力を与えてくれます。

 

2019年1月16日には、ハイパフォーマンスクリーム「クリーム アブソリュート X」が新発売される予定です。夜専用のクリームで、45gで50,000円とAQラインでは高めの価格設定になっています。

コスメデコルテAQ クリーム アブソリュート X

出典:日本経済新聞

AQ MELIORITY・AQMWとの違いは?

コスメデコルテにはAQの他にもさまざまなスキンケアラインがあります。

代表的な4つのスキンケアラインリポソームについては、別の記事で紹介していますので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

 

AQと名前が似ているラインとして「AQ MELIORITY(エーキュー ミリオリティ)」「AQMW(エーキューエムダブリュー)」の2つがあげられます。

AQ MELIORITY(エーキュー ミリオリティ)

AQミリオリティは、コスメデコルテ最高峰のスキンケアラインです。価格は10,000円~120,000円で、ブランド内で最も高くなります。

肌本来が持つコラーゲン生成能力に着目して開発された「顔立ちの印象が変わる」ほどに肌質感を変えていくという新発想のスキンケアライン。

 

中でも1番人気の商品は、「リペア クレンジングクリーム」です。美容液級の潤いを誇るクレンジングクリームで、使用後のもっちり・しっとり・スベスベの肌質感に病みつきになるファンも多いとか。

全ラインを揃えるのは金額的に難しい…という人は、クレンジングクリームだけ・乳液だけなど、ポイント使いしてもいいですね。

AQミリオリティは、スキンケア用品だけでなくベースメイク(化粧下地・ファンデ・パウダー)もあります。

AQMW(エーキューエムダブリュー)

AQMWは、「Absolute Quality(完璧な品質)」「Miracle Wonder(奇跡の驚き)」それぞれの頭文字をとった造語です。スキンケア用品だけでなくベースメイク・ポイントメイクなど幅広いアイテムが揃っています。スキンケア用品の価格は4,800円~30,000円です。

 

コスメデコルテのスキンケア用品は、ベーシックケアとパーソナルケアに大きく分けられます。

ベーシックケアのアイテムは、クレンジング・洗顔・乳液・化粧水・クリーム(セラム)などの基本のスキンケア用品です。パーソナルケアアイテムは、マッサージクリーム・美容液・マスクなど、個人の肌悩みに合わせてプラス、または差し替えて使うアイテムのことです。

 

「肌に奇跡の驚きを」がコンセプトのAQMWのスキンケア用品は、パーソナルケア要素が強い印象です。ヒアルロン酸ファイバーが不要な角質を絡み取る洗顔石鹸「フェイシャル バー」や、保湿力に優れたノンケミカル処方のUVケアアイテム「エクストラ プロテクション」など、肌悩みに合わせてポイント使いしている人が多いようですね。

AQとの違いまとめ

ライン スキンケア
価格帯
メイク
アイテム
パーソナルケア
アイテム
AQ 5,000円~
20,000円
なし マッサージクリーム

マスク

美容液

オイル

AQ
MELIORITY
10,000円~
120,000円
ベースメイク 集中ケア

アイクリーム

AQMW 4,800円~
30,000円
ベースメイク

ポイントメイク

UVケア

角質ケア

マスク

美容液

アイセラム

まつ毛美容液

コスメデコルテAQラインをお試し【レビュー】

コスメデコルテAQサンプル

いつもお世話になっているコスメショップのキャンペーンで、AQのサンプルを頂きました!

クレンジング・洗顔料・乳液・化粧水・クリームのフルラインサンプルです。内容量は、1アイテムあたり3~4回ずつ使うことができる量でした。

ここからは、使用感をできるだけ細かくお伝えしていきたいと思います。

 

私が普段使っているスキンケア用品「コスメデコルテ フィトチューン」のレビュー記事はこちらを参考にしてください。

【化粧落とし】クレンジングクリーム

コスメデコルテAQクレンジング

まずはクレンジングクリームから見ていきましょう!

 

メイク落とし実験

頬にいつも使っているメイクアイテムをのせ、落ち具合を見ていきます!

 

使用したメイクアイテムは

  • アイブロウ(ケイト デザイニングアイブロウ)
  • アイカラー(キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ)
  • アイライン(ケイト スーパーシャープライナー)
  • 練りチーク(キャンメイク クリームチーク)
  • リップ(コフレドール プレミアムステイルージュ)

です。

ベースには、米肌【澄肌CCクリーム】を使っています。

>>米肌【澄肌CCクリーム】のレビューはコチラ

コスメデコルテAQクレンジング

1回の使用量は、さくらんぼ1粒くらいです。

 

コスメデコルテAQクレンジング

なめらかなタッチの肌なじみのよいクリームで、するするとメイクと馴染んでいきます。

しばらくの間クルクルと優しく馴染ませていくと、オイルのように軽い感覚へふっと変わります。この感覚がメイク落ち(転相乳化)のサインです!

クレンジングクリームの量が多すぎたり、クリームが冷えていたりすると転相乳化が遅れるため、使用量と温度に気を付けましょう。

オイルクレンジングよりも時間はかかりますが、心地よいフローラルウッディの香りに癒されました♪

 

メイク落とし実験後

メイクと馴染んだら、ティッシュオフ、またはぬるま湯で落とします。

洗い上がりの肌はしっとり・もっちりしていて、ツッパリ感や乾燥は全く気になりません。メイクもしっかりと落ちましたね!

今回はぬるま湯のみで落としたため、肌に油分が残ったようなヌルつき感が少しありました。さっぱりと落としたい方は、ティッシュオフ+ぬるま湯がおすすめです。

【洗顔料】ウォッシングクリーム

コスメデコルテAQウォッシングクリーム

次は洗顔料です。

 

コスメデコルテAQウォッシングクリーム

1回の使用量は2㎝くらいです。

 

コスメデコルテAQウォッシングクリーム

少し光沢のある柔らかめの洗顔クリームです。

 

コスメデコルテAQウォッシングクリーム

洗顔ネットでしっかり泡立てていきましょう!泡立ちがとてもよいです!

 

コスメデコルテAQウォッシングクリーム

あっという間に、クリーミィーな濃密泡ができあがりました!ほどよく弾力のある、洗顔に理想的な泡です。

 

なめらかな泡で、顔全体を包み込むように洗います。すごく気持ちがよくて、ずっと洗顔していたい気分…w

泡でマッサージするようにやさしく洗顔したら、十分にすすぎます。

 

洗い上がりの肌はふっくらモチモチとしています。ツッパリ感はありませんでしたが、乾燥の気になる部分が(目元のキワや口まわり)若干ピリピリする感覚がありました。

乾燥肌や敏感肌の方には、洗浄力が強すぎるかもしれません。普通肌(時々混合肌)の私の場合、特に気にならないレベルでした。

【先行乳液】エマルジョン エクストラリッチ

コスメデコルテAQ エマルジョン

洗顔の後は乳液です。サンプル品はしっとりとした使い心地のER(エクストラリッチ)タイプでした。

コスメデコルテのスキンケアラインはすべて先行乳液になります。肌の角層の乱れを整え、柔軟な肌にすることで、後のスキンケアアイテムを効率よく浸透させていくのです。

 

コスメデコルテAQエマルジョン

1回の使用量は製品ポンプ2回分の量です。フィトチューンの乳液よりも若干硬めの印象です。

 

コスメデコルテAQエマルジョン

乳液はコットンを使用します。乳液が肌にムラなくいきわたり、古い角質や細かな汚れを拭き取ってくれます。

 

少し硬めの印象でしたが、肌にのせると体温で柔らかくなり、なめらかに伸びます。肌に吸い込まれるようになじみ、肌がふっくらとしてきます。先の洗顔で少しピリついていた部分も、乳液をつけたら落ち着きました。

 

コスメデコルテ コットン

右側のコットンが、今回サンプルで頂いたフェイシャル ピュア コットン Nです。通常のコットンに比べるとかなり大きいことがわかりますね。

きめ細やかで毛羽立ちもありませんでしたが、使い慣れていないサイズなので私は持ちにくかったです。肌への感触・使い心地はとても気持ち良かったです。

 

私が普段、先行乳液で使っているコットンは「資生堂 お手入れコットン」です。写真の左側の手に持っているコットンですね。肌に優しい使い心地で、乾燥肌・敏感肌の方にも選ばれている人気のコットンです。

【化粧水】ローション エクストラリッチ

コスメデコルテAQローション

乳液の後は、化粧水で肌に潤いを浸透させます。こちらも乳液と同じERタイプ。

 

コスメデコルテAQローション

サラッとしたテクスチャーです。香りが最高にいい♪

 

コスメデコルテAQローション

コットンでやさしくパッティングしながら肌全体になじませていきます。

肌にグングン吸い込まれる感覚で、艶やかでみずみずしい肌に変わっていくのを感じられます!

化粧水で使用したコットンは、「シルコットうるうるコットンスポンジ仕立て」です。スポンジのような素材のコットンで、化粧水の肌戻りが非常によいため重宝しているアイテムです。せっかく手に入れたAQのローションなので、少しでも長く使いたいと思いまして…w

パッティング後は、コットンを丸めるようにしてコットン全体に化粧水をなじませ、目元下部の(両頬部分)へローションパックするのもおすすめです!

【クリーム】クリーム

コスメデコルテAQクリーム

最後はクリームです。こちらは夜のスキンケアで使用します。

コスメデコルテAQクリーム

1回の使用量は、パール1粒分です。両頬・おでこ・あごの4点におき、伸ばしていきます。

コスメデコルテAQクリーム

硬めのクリームですが、体温でとろけて柔らかく伸びます。

コスメデコルテAQクリーム

こちらは、上の写真のクリームを外側に伸ばした瞬間の写真です。頬と指の体温でとろけ、なめらかにスルスルと伸びていきます!

いきいきとしたツヤ肌に仕上がりました♪

まとめ|AQは「肌・感度」を高めるリラクゼーションエイジングケアライン!

コスメデコルテAQは、成分や技術による外面からの肌効果だけでなく、香りや使用感にこだわり抜くことで内面からも美肌へと導いてくれる贅沢なスキンケアラインでした。

月下美人の優雅な香りと、とろけるような優しいテクスチャーが肌と心を癒してくれます。肌本来が持つ生命力を高めてくれるラインなので、幅広い年代のエイジングケアにおすすめです。

ただし、価格は高めの設定です。フルラインを揃えるのは難しい方は、クレンジングだけ・乳液だけなど、ポイント使いしてみるのもいいですね。

 

【参考】