スロージョギング
この記事でわかること!
    • スロージョギングは、運動不足の方に丁度よい有酸素運動
    • ウォーキングからジョギングへのステップアップにもおすすめ

のらねこ
ウォーキングってだんだん飽きてくるよね!
でもジョギングだと体力的にまだきつい・・・

栄養士 ちびうし
そんなのらねこ君には、スロージョギングがおすすめだよ☆

 

スロージョギングという運動を知っていますか?

2009年にNHKなどのテレビで特集されてから、少しづつ認知度が高まりつつある有酸素運動の一種です。

スロージョギングは、運動不足の方や体力に自信のない方におすすめの運動です!

今回は、スロージョギングがどんな運動なのかを簡単に紹介していきます。

スロージョギングとは

スロージョギングとは?

隣の方と話ができるくらいの運動の強さで行うジョギング

出典:日本スロージョギング協会

栄養士 ちびうし
歩くペースと変わらないくらいのゆっくりな速さで行うジョギングのことだよ!

スロージョギングをおすすめする3つの理由

スロージョギングは運動不足の人に「丁度よい」有酸素運動

スロージョギングは有酸素運動に分類されます。

運動にはさまざまな種類がありますが、大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」の2つに分けられます。

出典:生活習慣病オンライン ファイザー

たんぱく質・脂質・糖質の3大エネルギー源のうち、身体を動かすために使われるのは、主に脂質と糖質です。

1gあたりのエネルギー量は、糖質が4kcal、脂質が9kcalとなり、脂質の方がエネルギー源としては優秀。

しかし、糖質の方が速やかにエネルギーへ変換されるため、無酸素運動のように瞬発的かつ強いパワーが必要な運動では、糖質がメインで使われます。

一方、比較的弱いパワーで継続的に行う有酸素運動では、エネルギー効率の高い脂質がメインで使われます。そのため、体脂肪を減らすダイエットに効果的と言われています。

のらねこ
ふむふむ
でもさ、普通にジョギングした方が早く痩せることができるんじゃない?

栄養士 ちびうし
消費カロリー的には運動強度が高い方がいいよね!
でも、ジョギングやランニングって意外と続かない人が多いんだ

 

現代の生活は、身体を積極的に動かす機会が昔に比べて減ってきています。

体力の低下から、ランニングだけでなくジョギングのペースでさえも「きつい」と感じてしまう人もいるのです。

下のグラフは、デサントとタニタが2013年に行ったランナーの実態調査の結果の一部です。

71%の方が1年以上継続することができていないという結果が出ています。

出典:デサントHP

その中で、6か月以内で挫折してしまう人が67%と多くを占めているのです。

栄養士 ちびうし
理想のダイエットは「継続」から「習慣」に変わること!無理なく続けられることが何よりも大切!

ウォーキングからジョギングへのステップアップにおすすめ

ウォーキングは運動不足解消の第一歩としておすすめです。

安全かつ無理なく続けられるメリットがあります。

しかし、単調な動作で飽きてしまったり、運動強度に慣れて物足りなさを感じてしまったりします。

のらねこ
確かに・・・
でも、ウォーキングに慣れたら、普通にジョギングにすればいいんじゃない?

栄養士 ちびうし
ジョギングやランニングはフォームが正しくないとケガをするリスクもあるんだ!
まずはスロージョギングでフォームを意識することがおすすめだよ!

 

走り方やフォームが悪いと、膝や腰を痛める原因になります。

身体のために始めた運動なのに、運動が原因で身体の具合が悪くなってしてしまっては、本末転倒です

スロージョギングとジョギングのフォームには違いがあり、スロージョギングの方がケガのリスクが低いです。

スロージョギングの段階で「フォームを意識して改善する能力」を養うことができれば、ジョギング・ランニングへとステップアップした時に、正しいフォームを習得しやすくなります。

出典:ドリームガイド 協和発酵キリンHP

運動の消費カロリー計算はこちら!

運動による消費カロリーの計算

膝・腰の痛みの緩和にもおすすめ

スロージョギングは、肥満や運動不足による膝・腰の痛みの緩和にもおすすめです。

通常のジョギング・ランニングでは「かかとから着地」する走り方が一般的です。

しかし、スロージョギングでは「かかとで着地しない」ことがポイントになります。

スロージョギングでは「足の指の付け根」で着地します。

そのため、足や膝への衝撃が約1/3に軽減されるため、身体への負担が少なくなるのです。

栄養士 ちびうし
スロージョギングの詳しい走り方は、別の記事で紹介しているよ!

 

あわせて読みたい!

まとめ

スロージョギングは、運動不足や体力に自信のない方におすすめの有酸素運動です。

無理なく続けられるため、ダイエット初期の運動として丁度よいかもしれません。

また、ジョギング・ランニングへのステップアップとしてスロージョギングを始めるのもおすすめです。

正しいフォームを習得する能力を身につけ、さまざまな運動に挑戦できるといいですね!

 

【参考元】