体脂肪の役割とは?欠かせない存在だけど、多すぎるのはよくない
この記事でわかること!
    • 体脂肪は、身体の「非常食」で、食欲のコントロールをする!
    • 体脂肪量は多すぎても少なすぎてもよくない!

のらねこ
うぅ~
体脂肪がなかなか落ちない・・・
どーせ落とそうとされるんだから、体脂肪なんてつかなきゃいいのにね!?怒

栄養士 ちびうし
気持ちはわかるけど・・・
体脂肪自体は悪者じゃないんだよね
むしろ、欠かせない存在なんだ!

 

なかなか落ちない体脂肪…

嫌われ者なのに、どうしてしぶとく身体についているのでしょう?

それは、身体にとって大切な組織でもあるからです。

本来、脂肪組織は私たちの身体を守る存在。健康に欠かせない存在です。

それが「嫌われ者」に転じてしまったのは、私たちの悪習慣のせい。

今回のテーマは脂肪組織の役割です。

脂肪が悪なのではなく、多すぎることがよくないんです!

 

\肥満症・便秘・むくみに漢方の力を/

>>生漢煎 防風通聖散

体脂肪とは

体脂肪とは?
    • 体内に貯蔵された脂肪のこと
    • 主に脂肪組織に蓄えられる

栄養士 ちびうし
体脂肪は身体を構成する「体組成」の1つ!
どのくらいの割合を体脂肪が占めているかを表したものが「体脂肪率」だね!

脂肪組織の役割

エネルギーを貯蔵する

私たちは、生きているだけでエネルギーを消費します。

例えば、1日中寝ころんでテレビを見ていたとしても、心臓・内臓・筋肉などの組織は、休むことなく生命を維持するために働いています。

のらねこ
確かに、1日中だらけていてもお腹は空くよね・・・

栄養士 ちびうし
そうそう!
生きているだけで、エネルギーは消費されているんだよ

 

でも、お腹が空いたタイミングで食事を摂れないことって珍しくないですよね?

1日中なにも食べなかったとしても、エネルギー切れですぐに死んでしまうわけではありません。

これは、人間の「飢餓に備える力」によるもの。

食事からのエネルギー源は肝臓や筋肉で一時的にストックされ、エネルギーとして消費されなかった余剰分は、体脂肪として貯蔵されます。

これは「飢餓」に備えた身体の仕組みです。体脂肪は身体にとってエネルギーをつくるための「非常食」のような存在なのですね。

栄養士 ちびうし
空腹時は「非常食」によってエネルギーを作り出そうとしているとき!
だからね、ダイエットで「空腹の時間をつくる」ことは、とても大切なんだよ!

 

しかし、空腹の時間が長すぎるのはNGです。

集中力・気力が下がり、生活に支障をきたします。また、「更なる飢餓」に備えて、非常食(体脂肪)を溜めこもうとする力がアップします。

栄養士 ちびうし
基本的には、1日3食のタイミングが身体にとって合理的!
食事はカロリー摂取量が過剰にならないようにコントロールしながらしっかり食べようね!
あわせて読みたい!

食欲をコントロールする

脂肪細胞は、食欲のコントロールに関与する「レプチン」というホルモンを分泌します。

レプチンとは
    • 脳内の摂食中枢に働きかけ、食欲を抑制する
    • エネルギー消費を促進する

栄養士 ちびうし
レプチンは、脂肪細胞から脳へ送る満腹サイン!

 

レプチンの分泌量は体脂肪率と相関します。

体脂肪率が高くなるとレプチン分泌量が多くなり、食欲は抑えられ、エネルギー消費量は促進されます。

逆に、体脂肪率が低くなればレプチン分泌量は少なくなり、食欲は高まり、エネルギー消費は抑制されます。

栄養士 ちびうし
脂肪細胞から分泌されるホルモンによって、一定の体型を保てているんだよ!

のらねこ
そんな便利な機能があったなんて・・・
えー?じゃあ、なんで肥満になちゃうの?

 

私たちの食欲は、レプチンだけに左右されるわけではありません。

食べ物が胃や腸に送り込まれた刺激血中の糖濃度(血糖値)によっても食欲はコントロールされています。

そして、これらのサインが脳に届き、食べるのをやめるまでには時間がかかります。

栄養士 ちびうし
食事を始めてから血糖値が上昇するまでの時間は少なくとも20~30分!

のらねこ
早食いが太る原因って言われるのは、身体のメカニズム的に食欲を押さえるのが難しいからなんだねー

 

早食いは、満腹を感じる前に食べ過ぎてしまうリスクがあります。

早食い&食べ過ぎが習慣化すれば、体脂肪は増加してしまいます。

レプチンは長期的な体格のコントロールをしているため、体脂肪量の増加に伴ってレプチンを分泌し、なんとか体型を保とうとします。

しかし、どんなにレプチンの分泌量が増えても、その「満腹サイン」を受け取る脳の「受容体」の働きが追い付くことができません。

これを「レプチン抵抗性」といいます。

栄養士 ちびうし
身体には健康でいるための機能が備わっている!
それを悪習慣で崩してしまうのは・・・
すごくもったいないよね

 

他にも、体脂肪には、体温を維持する・内臓を守るなどの役割があります。

のらねこ
体脂肪は悪者ではない!
けど、多すぎるとよくない!ってことだね!

体脂肪率はどのくらいがいい?

体脂肪量は多すぎても少なすぎても健康リスクを高めてしまいます。

男性で10~15%・女性で20~25%くらいの範囲が、健康的かつ見た目的にも丁度良い体脂肪率ではないかとエイフィットナビでは考えています。

体脂肪量過剰による健康リスク
生活習慣病の発症
(高血圧・糖尿病・脂質異常症など)
体脂肪量不足による健康リスク
    • 低体温
    • ホルモン異常
    • 不妊 など

体脂肪率による肥満判定

性別 普通 肥満
男性 15~20% 25%以上
女性 20~25% 30%以上

※家庭用体脂肪率計による測定値は、実際の値とはずれていることがあります。

BMIと体脂肪率による体格判定

bmiと体脂肪率

※上図は、あくまでも体型の目安を把握するために作成したものです。国際基準などはありません。

 

計算してみよう!

まとめ

体脂肪は、身体にとっての「非常食」で、食欲をコントロールする役割も担います。

体温維持や内蔵を守る働きもあり、身体にとって欠かせない存在です。

しかし、その割合が多すぎたり少なすぎたりすると、身体の機能バランスが崩れ、健康リスクが高まります。

適切な体脂肪率を意識し、食事や運動で自分の身体をコントロールしていきましょう!

 

【参考元】

  • 寺田新(2017)『スポーツ栄養学 科学の基礎から「なぜ?」にこたえる』東京大学出版会
  • 奥恒行・柴田克己(2005)『健康・栄養科学シリーズ 基礎栄養学(改訂第2版)』南江堂


>>生漢煎 防風通聖散