自律神経の乱れ
この記事でわかること!
    • 自律神経は自分の意思でコントロールできない!
    • 自律神経の乱れを整えることがダイエットの第一歩!
    • 自律神経のバランスを整えるには、生活習慣を整えることが大事!

のらねこ
最近ぐっすり眠れてないんだ・・・
ダイエットも停滞気味・・・

栄養士 ちびうし
うーん、自律神経が乱れちゃってるのかもしれないね!
一度自分の生活リズムを振り返ってみようか!
  • ダイエットしているのに成果がでない…
  • 最近イライラする回数が多くなった…
  • 布団に入ってもなかなか寝付けない…

 

こんな方は、自律神経が乱れている可能性があります。

自律神経の乱れを放置したままでは、ダイエットの効果はなかなか出ません。それどころか、病気に発展する恐れだってあります。

今回は、自律神経の働きについて学んでいきましょう。

自律神経を整える習慣については、別の記事で紹介しています。

 

あわせて読みたい!

自律神経とは

自律神経とは?
    • 内蔵と血管に分布する神経で、自分の意思とは無関係に生命活動を支えている
    • 交感神経副交感神経がバランスを保ちながら働く

神経は、脳と身体の組織をつなぐネットワークのようなもの。

脳からの指令や、組織からの情報が行き来することで、生命活動が支えらえています。

自律神経は末梢神経に分類される「自分の意思でコントロールできない神経」です。

自律神経には、緊張や興奮時に活発になる「交感神経」と、リラックスや休息時に活発になる「副交感神経」があります。

※人間の神経は、脳や脊髄に分布する「中枢神経」と全身に分布する「末梢神経」の2つに大きく分けられます。

のらねこ
自律神経は自分の気持ちでコントロールできないんだね!

栄養士 ちびうし
自分を取り巻く環境の影響を受けるから、生活をコントロールすることが自律神経のバランスを保つカギなんだ!

交感神経の働き

交感神経は、運動や家事などで身体活動が盛んになった時に優位に働きます。

精神的な興奮・不安などで特に活発に働き、心拍・呼吸が速くなり、発汗を促進させます。

のらねこ
緊張してドキドキするときは、交感神経が優位なんだね!

副交感神経の働き

副交感神経は、身体がリラックスしているときに優位に働きます。

くつろいだり、眠ったりする時に活発に働き、心拍・呼吸はゆっくりとなります。消化器官の運動と消化液の分泌が促進され、消化・吸収が盛んになります。

栄養士 ちびうし
僕たちが休息しているとき、実は身体の中(消化器系)は大忙しなんだ!
食べ物を消化するために副交感神経が優位になるから、食後は眠たくなるんだよ

自律神経の主な働き

出典:サントリー健康情報レポート

自律神経が乱れると太りやすい体質になる

仕事や人間関係による過労や過度なストレスは、交感神経の働きを優位にさせます。身体が興奮・緊張している割合が多くなり、十分な休息ができなくなります。

すると、消化器官の働きが鈍り、栄養素の吸収率が下がったり、蠕動(せんどう)運動が起こりにくくなったりします。

結果、便秘・代謝ダウン・成長ホルモンの分泌低下などに繋がり、太りやすい体質となってしまうのです。

自律神経が乱れやすい生活について、以下にまとめました。当てはまる点が多い人ほど、注意が必要です。

自律神経が乱れやすい生活
    • 昼夜逆転した生活をしている
    • いつも睡眠不足気味
    • 仕事や勉強が上手くいかず悩んでいる
    • 人間関係に疲れている
    • 朝食や昼食を抜くことが多い
    • 運動不足気味
    • 疲れているのに眠れない
    • 季節の変わり目に体調を崩しがち

栄養士 ちびうし
自律神経のバランスが崩れた状態で、食事制限や運動を頑張っても効果は出づらいんだ!
まずは自律神経のバランスを整えることから、始めよう!

自律神経を整えることがダイエットの第一歩

自律神経のバランス

出典:ロフテー枕工房

本来、交感神経と副交感神経の働きには、上の図のようにメリハリがあります。

この自律神経の本来のバランスを意識しながら、自分の生活を整えるのがポイントです!

自律神経の乱れを整えるための生活習慣については、日中と夜に分けてポイントを紹介しています。

「私…乱れてるかも!?」と感じた方は、是非チェックしてくださいね!

 

あわせて読みたい!

まとめ

自律神経は、さまざまな生命活動を支える「自分の意思ではコントロールできない」神経です。

生活リズムや環境の影響を受けて、どちらか一方の働きが優位、又は劣位になり、互いにバランスを保ちながら働きます。

このバランスが崩れると、ダイエットが上手くいかないだけでなく、病気に発展するリスクもあります。

自律神経の乱れを整えるには、生活習慣を変える必要があります。生活をコントロールし、心も体も健やかになりましょう!

 

【参考元】

  • 坂井建雄(2005)『系統看護学講座 専門基礎Ⅰ 人体と構造と機能〔1〕解剖生理学』医学書院
  • 花王ヘルスケアナビ
  • サントリー健康情報レポート